家づくり

嫁姑問題を回避!?二世帯住宅の間取り|失敗と成功の違いを教えます

二世帯住宅を建てる際のポイントについて解説していきます。

1.二世帯住宅とは?

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯が同居するための家のことを言います。二世帯住宅では親世帯と子世帯の生活スペースが異なるのが基本ですが、一口に二世帯住宅と言ってもスタイルはさまざま。
そこで、同居と二世帯住宅の違いや、二世帯住宅の種類について解説していきます。

同居と二世帯住宅の比較

「同居」とは、親世帯と子世帯が同じ空間で生活を送ることを言います。
基本的に玄関やリビングなどの共有スペースは一緒で、親子が家の中で顔を合わせない場所は個人の部屋程度です。そして、「二世帯住宅」は、親世帯と子世帯が同じ建物の中で暮らす住まいのことです。

さまざまなスタイルがある二世帯住宅のうちの一つが同居と捉えることができるでしょう。

二世帯住宅の間取りタイプ 完全分離型

二世帯住宅には、同居以外にも建物だけが繋がっていて家の中で親子が顔を合わせることが無い完全分離型や、玄関やキッチンなど必要最小限のスペースだけ共用で、リビングなどは別々に設ける共用型もあります。
中でも、親世帯と子世帯のトラブルを回避する手段としては完全分離型がおすすめです。
親世帯と子世帯を切り離した完全分離型の場合、常に顔を合わせることは基本的に無くても気軽にお互いの家を行き来できます。二世帯住宅でよくあるトラブルが、勝手に別世帯に出入りしたり、毎日顔を合わせることがストレスになってお互いのことが嫌いになったりすることでしょう。
そこで完全分離型を選択することで、必要に応じてお互いを頼りつつも、ある程度の距離感を保って生活することができます。

2.成功?失敗?二世帯住宅を建てた人の声

二世帯住宅は成功例も失敗例も存在します。二世帯住宅の失敗・成功の分かれ道にはどんなことがあるのでしょうか。実際に二世帯住宅を建てて失敗したと感じている人、成功したと感じている人それぞれの声を確認してみましょう。

二世帯住宅を建てた先輩ユーザーの声

二世帯住宅を建てて成功したと感じている人の声は、「ほとんど親と顔を合わせることは無いけれども、生活音が聞こえるから元気に過ごしているんだなと思って安心する」というものがありました。
やはり先輩ユーザーの中でも二世帯同居が上手く行っているケースは親世帯と子世帯である程度距離が取れていることが基本なのかもしれません。
二世帯住宅は夫の両親と一緒に生活するケースも多いですが、夫からすると二世帯同居は幼い頃と同じように家族と一緒に生活を送る感覚であっても、妻からすると毎日他人に気を遣いながら暮らす必要があります。
そのため、親世帯と子世帯である程度の距離を保てないと生活に関して小言を言われる、勝手に夫婦のスペースに立ち入られるなどして妻側の不満が溜まりやすくなってしまいます。
従って、二世帯住宅成功のポイントは「親世帯と子世帯で距離を確保する」ことと言えるでしょう。

失敗例としては、
「二世帯住宅での同居をしてみたら、妻から両親に対する愚痴と両親から妻に対する愚痴の聞き役として板挟みになってしまった」「親世帯を1階、子世帯を2階にしたら子世帯が寝るのが遅くて生活騒音で言い争いになった」などの声がありました。
また、親世帯と子世帯が繋がっている場合、「いとこ世帯が親に孫を預けたら、親が面倒を見るのを放棄して結局自分たちが面倒を見る羽目になってしまった」というように、親世帯の親戚付き合いを引き受けなければいけなくなってしまうことも。
やはり親とは言え生活スタイルは違って当然なので、二世帯同居はお互いの生活に配慮して毎日過ごす必要があります。特に親世帯は子世帯に対して“自分の子供”という認識が強く、子供に接するように強く物言いをし、妻側の不満が溜まってしまうケースも少なくありません。

そのため、二世帯住宅を建てる場合は、お互いにどれくらいの距離感で生活を送るのか?同居する上で最低限守るべきルールには何があるか?を事前に話し合っておく必要がありそうです。

3.二世帯住宅を建てるメリットとデメリット

二世帯住宅は一長一短です。ここでは、二世帯住宅を建てるメリットとデメリットを確認してみましょう。
二世帯住宅を検討している方は、メリット・デメリットを比較し、親との同居が自分たちに合っているかどうか考え直してみてください。

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅のメリットは、頼れる人がすぐ近くにいることです。
特に子育て世帯では、子供の臨時休校や急病で仕事を休まなければいけなくなったり、子供が小さいうちは子供だけで留守番させるのも心配でしょう。そんなときでも、二世帯住宅なら家にいる祖父母に頼ることができ、子供のために勤務スタイルを時短にしたり、有給を使ったりする必要がなくなるかもしれません。
また、子世帯が家を建てられるような経済力が身につく程度の年齢になると親も高齢になっているでしょう。やはり親が定年退職を意識するような年齢や定年退職を過ぎている年齢になると親の健康面も心配が大きくなります。
二世帯同居なら近くで親を見られるので、親に何かあったときでもすぐに対処できる安心感があります。加えて、親世帯からすると、子世帯に子供がいれば近くで孫の成長を見られることも幸せの一つではないでしょうか。

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅のデメリットは、親世帯と子世帯の相性が悪いと毎日の生活がストレスになってしまう点でしょう。夫の両親と同居する場合は妻、妻の両親と同居する際は夫目線で考えると、義父母は赤の他人です。
しかし、トラブルがあると自分のパートナーの親なので強く出られませんし、家は高額な買い物なので簡単に二世帯同居を解消することもできません。
そのため、二世帯同居をする前にパートナーと両親が上手くやれるか相性をよく考え、親世帯と子世帯でよく話し合ってから二世帯住宅を建てる必要があります。

また、二世帯住宅の場合は知人を家に呼びにくいというデメリットもあります。
完全分離型の場合はさほど心配する必要はありませんが、それ以外の二世帯住宅を選択している場合、知人も親世帯もしくは子世帯の顔を合わせることに。
知人にも気を遣わせてしまうことにもなりますので、二世帯住宅は親世帯と子世帯双方の理解が無いと知人を呼びにくい面fがあるでしょう。
ほかにも、キッチンやリビングなどを共用している場合は、共用スペースを使うタイミングで気を遣う、朝早い時間に動けないなど、生活スタイルの違いで気を遣わなければならず、お互いに疲れてしまうこともあります。

4.二世帯住宅を建てる際のお金について

二世帯住宅を建てる上で心配なのがお金のこと。
二世帯住宅では、親世帯と子世帯でお金を出す割合などでトラブルになることも少なくありません。その一方で二世帯住宅は費用面のメリットもあります。
二世帯住宅の建築費用に関してや、賢く二世帯住宅を建てる上で知っておきたい制度などについて紹介します。

二世帯住宅の建築費用について

二世帯住宅を建てる上での心配事が予算でしょう。二世帯住宅は完全分離型に近づけば近づくほど構造も複雑になるので、予算も高くなります。
建物の立地など条件によって金額は変動しますが、二世帯住宅の相場は同居型で1,800万円〜、共有型で2,400万円〜、完全分離型で3,000万円〜と言われています。
建築費用に関しては、親世帯に経済的な余裕があれば良いですが、将来的な収入を考えると子世帯の負担が大きくなりがち。
ただし、よほど同居前から親世帯と子世帯の仲が良くない限りはある程度の距離を取った方が良いです。
多少高額になったとしても、お互いのプライベートがしっかりと守られる間取りを選ぶようにしたいですね。

二世帯住宅で利用できる補助金について

二世帯住宅を建てるにあたっては補助金を活用することで費用を節約できます。主に挙げられる補助金制度は、「すまい給付金」と「地域型住宅グリーン化事業」の2つです。

「すまい給付金」は年収775万円以下の世帯を対象とする制度で、最大50万円を受け取ることができます。
「地域型住宅グリーン化事業」は環境保全を意識して建てられた新築木造住宅を対象としており、最大140万円が受け取れます。

この2つの補助金の利用条件はさほど難しいものではないので、受給条件を確認した上で二世帯住宅を建てるようにしましょう。また、お住まいの自治体によっては、地域独自の補助金制度が用意されていることも。
基本的に地方の補助金制度は一定年数その地域に居住することが条件ですが、定住さえすれば数十万円〜数百万円を受け取れるので、こちらの補助金制度もぜひ活用してください。

二世帯住宅は安くなる?!税金について

二世帯住宅は節税の面でもメリットがあります。二世帯住宅は小規模宅地の特例の対象となっているため、相続時に相続する宅地の評価額を80%まで減額し、相続税を安く抑えられます。それ以外にも、固定資産税の決定時に、住宅のうち200平方メートル分が小規模住宅用地とみなされ、この分の評価額を6分の1まで減らせます。しかも二世帯住宅の登記を区分登記としていれば、2世帯分固定資産税の優遇を受けられます。不動産取得税に関しても、一定の条件を満たせば最大1,200万円の控除が受けられますが、二世帯住宅で区分登記をすれば1,200万円の2倍の2,400万円分が控除されます。

5.二世帯同居は親とパートナーの相性が大事!

二世帯住宅では親とパートナーとの間でトラブルが起こりやすいものです。
お互いに干渉しすぎず、適度に距離を取って生活を送ることが二世帯同居を成功させる鍵と言えるでしょう。
二世帯住宅の種類には完全分離型・共有型・同居型があります。
単に費用を安く抑えられると費用面だけで決めるのではなく、互いの生活スタイルをしっかり話し合い、相性などもよく考えて全員が気持ちよく暮らせる二世帯住宅を建ててくださいね。

◆あなたにおすすめのオンラインセミナーはこちら

監修 野村 綾乃氏

株式会社アンズコミュニケーションズ 代表取締役

大手証券会社のOL を経てラジオ業界に転身。ラジオ番組パーソナリティに。現在の担当番組は、『笠原将弘の賛否両論/東海ラジオ』『市政情報/エフエム岡崎』。番組構成作家を行いながら、住宅ライターとしても住宅系雑誌・WEBサイトでのコラム・取材記事の執筆、監修、講師で活躍中。

他の記事を読む

家づくりを考える方向け専門家が教える生活・お金・住宅などに関する
無料オンラインセミナー