家づくり

「おうちでクリスマスパーティー」豪華に見える簡単レシピ

クリスマスでの簡単レシピをご紹介。チキンを購入するのが定番の方も多いと思いますが今年は手作り料理に挑戦してみては?、作る段階から楽しめ喜びも倍増すると思います!ぜひお試しください。

1.クリスマスに映えるお肉料理5選

ローストビーフ

簡単で失敗無しのローストビーフレシピです。時短で作ることができて豪華に見せたいときにぴったりのレシピです。ホースラディッシュやグレイビーソースはもちろん、ブルーベリーソースもおすすめです。

 材料 

 300g

 牛モモ肉(塊)

 300g

 塩、こしょう 

 各適量

 粗びき黒こしょう、オリーブ油 

 各適量

                                

 

【ブルーベリーソースの材料】

 ブルーベリー 

 80g

 赤ワイン

 50ml

 しょうゆ

 大さじ2

 バルサミコ酢・酒・みりん
 砂糖 

 各大さじ1

 たまねぎ(すりおろし)

 1/4

 レモン汁 

 小さじ1

 塩・コショウ

 適量

※ブルーベリーの代わりにいちごを使ってもおいしいです。【作り方】


【作り方】

①    牛肉は使う30分くらい前に冷蔵庫から出して常温に戻しておく。塩、こしょう、粗びき黒こしょうをすりこむ。

②    フライパンにオリーブ油を中火で熱し、①を入れて、肉の表面全体の色が変わって焼き色がつくまで焼く。

③    ②をラップに包み、チャック付きの密閉袋に入れ空気を抜き、しっかり閉じて輪ゴムで止める。鍋にお湯を沸かし、③を入れて3分煮る。火を止めて、鍋の蓋をしたまま30分ほどそのままおき、余熱で火を通す。

④    鍋から取り出してあら熱を取り、冷蔵庫で半日ほど冷やしてからスライスする。                                                                                                     

⑤    ソースの材料を全て鍋に入れ、ブルーベリーを潰しながら弱火で45分煮つめて、④に添える。

 

【アレンジ!雲丹のせローストビーフ】

ローストビーフの上に、雲丹、花穂じそをのせて肉割烹風に。わさびやしょうゆをつけてお召し上がりください。

ビーフストロガノフ

白く仕上げる本格派のビーフストロガノフですが、実は手軽な切り落とし肉でできあがります。バゲットやパスタ、フライドポテトを添えるのもおすすめです。

 

 材料 

 2人分

 牛切り落とし肉

 200g

 たまねぎ(繊維に直角に薄切り) 

 1/2

 バター 

 6

 マッシュルーム(薄切り) 

 大さじ1

 薄力粉 

 大さじ4

 白ワイン 

 150ml

 生クリーム 

 お好みの分量

 サワークリーム 

 大さじ2

 パセリ(みじん切り

 少々

 塩、こしょう、粗びき黒こしょう  各適量

 

【作り方】

①    フライパンにバターを入れ、弱火でたまねぎを炒める。飴色になってきたらマッシュルームを加えて炒め、しんなりしたらいったん取り出す。

②    たまねぎを炒めている間に、牛肉に塩、こしょうをふり、薄力粉を茶こしでまぶしよく落としておく。

③    ①のフライパンにバターを入れ、弱火で牛肉を炒める。色が変わったら、①のたまねぎを戻して白ワインを加え、混ぜる。

④    生クリームとサワークリームを加えて沸騰させないように煮る。塩、こしょう、粗びき黒こしょうをふって味を調え、パセリをふる。

王道ヒレステーキ

ごちそう感たっぷりの王道ステーキはみんなが大好きな一品です。赤みの柔らかさを堪能したいならヒレ、赤みの旨みと歯ごたえを楽しみたいならランプ、お肉の脂とジューシーさを味わいたいならサーロインなどがおすすめです。ランプやサーロインはソースで食べるのがおすすめです。よく作るステーキソースは、赤ワイン50ml、しょうゆ小さじ2、バター10gを焼いたフライパンで煮たたせます。脂が多いサーロインはバルサミコ酢を少し加えるとバランスが良くなります。

 

 材料 

 2人分

 牛ヒレ肉(2.5cm厚)

 2

 塩 

 肉重量の0.8

 牛脂 

 1

 岩塩、黒こしょう、わさび 

 各適量

 

作り方

①    牛肉は調理する30分以上前に冷蔵庫から出して室温に戻す。焼く直前に、肉の重量に対して0.8%の塩をふる。

②    フライパンを熱して牛脂を入れ、盛り付ける時に表になる側を下にして、中火で1分ほど焼く。裏返して両面に焼き色がついたら、弱火にして56分焼く。

③    焼きあがったら肉をアルミホイルで包み、5分待つ。

 

憧れの丸鶏!チキンよりもワンランク上のおいしさホロホロ鳥

クリスマスといえば丸鶏があるだけで存在感抜群、食卓が一気に華やかになりますね。チキンももちろんおいしいのですが、さらに濃厚な旨みとコクを味わいたい方におすすめなのがホロホロ鳥です。通信販売などで購入できますよ。余った骨は煮こんでスープにするのが翌日のお楽しみです。

 材料   
 ホロホロ鳥の丸(中抜き)

 1(1.8kg)

 塩 

 18g(肉の重さの1%)

 黒こしょう 

 適量

 タイム() 

 10

 ローリエ 

 1

 オリーブ油 

 大さじ2

 白ワイン 

 400ml

 バター 

 20g

 塩、こしょう(ソース用)

 各適量

 

【作り方】

①鳥は焼き始める2時間前に冷蔵庫から出す。塩、黒こしょうを鳥の外側、お腹の中にも、まんべんなくなすりつける。

②オリーブ油を刷毛で塗り、タイム、ローリエを貼る。

250度に予熱したオーブンで30分焼き、180度に落として30分焼く。

④ソースを作る。バットに残った焼き汁をフライパンに入れて火にかけ、白ワインを入れる。半量ぐらいになるまで煮詰めて、塩、こしょうで味を調え、バターを入れて溶かす。

 

一晩寝かせた気合いのビーフシチュー

ルウを一切使わずにこだわって作るビーフシチューです。牛ホホ肉はお肉屋さんにお願いすると準備してもらえることが多いです。独特のほろほろとしたやわらかさと濃厚な旨みが病みつきになるおいしさです。パンやパスタを添えてどうぞ。

 

 材料 

 2~3人分

 牛ホホ肉(5㎝角に切る)

 300g

 たまねぎ(薄切り) 

 1/2

 ニンニク(みじん切り) 

 1片分

 ニンジン(乱切り) 

 1本分

 セロリ(3等分) 

 1本分

 オリーブ油 

 大さじ1

 A(肉のゆで汁…200ml、トマト水煮缶…100g、赤ワイン…200ml、ブーケガルニ1袋、マッシュルーム(半分に切る) 

 

 B(バター、ハチミツ、トマトケチャップ…各大さじ1、ウスターソース…大さじ3、バルサミコ酢…小さじ1、チョコレート…5g

 塩、こしょう、黒コショウ

 各適量

 じゃがいも(ゆでて半分に切る)

 1

 パセリ(みじん切り)、生クリーム

 適量


【作り方】

①    牛肉に塩、こしょうをふる。フライパンにオリーブ油をひいて熱し、牛肉を焼いて取り出す。

②    鍋にたまねぎ、ニンジンの皮、セロリ、たっぷりの水(分量外)を入れて①のアクを取りながら弱火で1時間煮て、肉を取り出す。

③    ①の肉を焼いたフライパンを使って弱火でニンニクを炒め、香りが出たらたまねぎ、ニンジンを炒める。

④    鍋に②の肉、③とAを入れて弱火で3040分ほど煮こむ。マッシュルームとBを入れて、さらに約30分煮る。(ときどきかき混ぜる)

⑤    ゆでたじゃがいもを入れ、塩、こしょう、黒こしょうで味を調える。皿に盛り、生クリームをまわしかけ、パセリをふる。

 

◆あなたにおすすめのオンラインセミナーはこちら

監修 料理研究家 長田 絢氏

テレビ番組のコメンテーターや料理コーナーに多数出演。地方創生プロジェクトや家電、食品メーカーのレシピ開発、本や雑誌のフードコーディネーターなど多岐にわたって活躍。
2児の母親で食育にも注力してInstagramYouTubeでも情報を発信中。著書に「スーパーで買える「肉」を最高においしく食べる100の方法」(ダイヤモンド社刊)がある。

他の記事を読む

家づくりを考える方向け専門家が教える生活・お金・住宅などに関する
無料オンラインセミナー